HOME > 製品・サービス情報 > エレクトロニクス製品のモジュラー・デザイン

エレクトロニクス製品のモジュラー・デザイン

「モジュラー・デザイン」とは、モジュール化した機能の組み合わせによって多様な製品ラインアップ(バリエーション)を実現する手法です。
市場セグメントの多様化に合わせてそれぞれに最適な製品バリエーションを持つことはマーケットシェアを拡大するための重要な戦略ですが、バリエーションの増加に伴うコスト増の原因にもなりえます。
そこで図研ではエレクトロニクス製品の効率的なバリエーション展開を実現していただくための「エレクトロニクス製品のためのモジュラー・デザイン」を提唱しています。「エレクトロニクス製品のためのモジュラー・デザイン」は、機構設計にはないエレクトロニクスに特有の要素に配慮した図研ならではの提案です。
図研が考えるエレクトロニクスモジュラー・デザインの定義

図研ではそれぞれのお客様の要件に合わせて最適なモジュラー・デザインのフローを、エレクトロニクス製品開発にフォーカスしたPLMであるDS-2をバックボーンとし、CR-8000 System Planner、Design Gatewayなどを活用して構築いたします。
図研が提案するモジュラー・デザインフロー

閉じる

前へ

会社情報
世界のモノづくり企業のパートナーとして、
最適なITソリューションの提供をさらに推進します。